top of page
Screen Shot 2021-02-22 at 15.37.16.png

Daisoは日本で最も有名な百円商店で、全国には2500店以上の支店がある。商品は種類が多く、すべての商品は100円である。商店の中には多くの特色がある商品が見つけられて、実用的で面白いである。しかし、daiso自身の宣伝広告は、その商品の特色を大衆によく伝えられておらず、店内の広告情報量が多く、色が複雑で統一性がなく、文字の視覚も混乱している。実用性と低価格のブランド特性がすでに大衆に認知されている時、どのようにdaisoの広告に更新するかという実験的なデザインを始めた。

「廉価感の回避と美感の発掘」

消費者にとって、daisoの商品は種類と実用性において消費者のニーズを満足させることができますが、やはり100円の商品として、デザインと材質において避けられないほどの廉価感を感じさせる。どのように広告の中で効果的に商品の低価格感を回避して、安い商品の美感と面白さを掘り起こして、今度の実験的なデザインの目的になる。そこで、「アウトフォーカス」をキーワードとした伝達表現を試みた。商品の中で最も特徴的で美的な部分を残し、他の部分がぼやけている。このように視覚的な神秘的な雰囲気を作り出し、見る者の好奇心を引き、見る者の視覚的焦点をよく導くこともできる。キャッチコピーの配置においても、既存の広告の中で商品の機能性についての多くの説明の仕方を捨てて、隠喩の手法を用いて、商品の特性を間接的に述べ、言葉のあいまいさが想像をかき立てることができる。見る人が広告を見ていると、百円商品の低価格感がなくなって、その代わりに画像の神秘感があって、一見画面の内容がわからないかもしれませんが、百円の商品も神秘的で、美しくて面白いを感じることができると考えている。

Screen Shot 2021-02-22 at 16.08.28.png
F5.jpg
F6.jpg
F2.jpg
bottom of page